So-net無料ブログ作成
検索選択

「ウルフマン」を観に行きました [映画]

映画「ウルフマン」を観に行きました。

T0008421p.jpg

結論を言うとスカ!

せっかくいい役者を使ってるのにストーリーとか演出が
もうダメダメ。
いまさらCGでもないしねぇ。
何がやりたかったかわからない作品。
レンタルでも借りる価値なし。

ただし、ちょっと気になるのが、kaz777はレイトショーで
見たんだけど、地元の映画館はシネコンとは名ばかりの
けっこう雑な運営をしていて、もしかしたら1シーンくらい
カットされているのではないかと疑問が残る。

なぜならヒロインが主人公の呪いを解くためにジプシー
占い師を探し当てるシーンがあるんだけど、結局それが
どうなったか映画の中ではわからなかった。
多分、その結末あたりがカットされてるんじゃないかな?

たとえば、最近の映画はエンドロールのあとでオチがつく
のが流行だけど、そこがカットされてるとか。
だって「日本語訳 ○○○○○」というクレジットがないまま
場内が明るくなったし。

もっとも、それがあったとしても評価はたいして変わらないと
思います。

アリス・イン・ワンダーランドにすれば良かった
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

訃報 井上ひさし氏 [演劇]

今日、井上ひさし氏の訃報を聞きました。

井上ひさしという人物は良く知りませんが、井上ひさしという
才能の片鱗にはいくつか接することができました。

惜しい人を亡くしたと思いますが、氏の戯曲はまだまだ多く
の舞台で演じられ、多くの人々に感動を与えてくれることでしょう。

謹んでご冥福をお祈りします。
タグ:井上ひさし
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

映画 『シャーロック・ホームズ』を観ました。 [映画]

sh3.JPG

シャーロックホームズ』を観ました。

原作のイメージとだいぶ違うのですが、肉体派のホームズ
というのも面白かったです。
原作でもホームズは武術(バリツ)の達人ということに
なっていますし、ワトソン博士が軍隊にいたことも書か
れていますので、間違った解釈ではないですよね。

映像のホームズといえば、ジェレミー・ブレットが演じた
イギリスグラナダTVが製作した通称「グラナダ・ホームズ」
が原作の雰囲気にとても忠実で評価も高いです。

今回の映画版はグラナダ・ホームズとは対照的でホームズも
ワトソン博士も原作とはかなりイメージが違います。
彼がダメ人間みたいに描かれているところなどは根拠が
ないわけではなく、原作でも阿片中毒だったはず。

オリジナルのイメージから脱却しつつ、それでも原作から
大きく逸脱することなく、巧く演出していると思います。

ホテルの客室係について警官に遊ばれてホームズが気まずく
沈黙してしまってたシーンは思わず笑ってしまいました。

ホームズのかつての恋人(?)が女泥棒だったりとかは
原作にはなかったと思いますが、そこは映画的演出というか
現代的なエンターテイメントですね。
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。