So-net無料ブログ作成

なんて言うかもう、酔っ払いバンザイ! [お酒]

土曜日のこと。
2週間ほど前、いつものBARで、たまたま隣に座った人が
近所の居酒屋のマスターだった。
近隣では知る人ぞ知るという、割と評判の店なのに行った事
なかったのだが、ようやく今日の夜に時間ができたので行ってみた。

カウンター8席と奥に1卓4席。
12人も入れば一杯になってしまう店だが、マスターとママの
二人でやっているようなので、頃合の店である。
静かに飲みたい客からすればほど良い感じのいい店だった。

一度会っただけのkaz777をマスターは覚えていてくれていた。
最初なのでまずは一杯と薦めてくれたのが神奈川の地酒、
【菊勇】の生酒。

kaz777は日本酒の良し悪しはあまりわからないのだが、
伊達に酔っ払いを続けているわけではない。
旨いか不味いかで言うなら、この酒はきっぱりと旨かった。

昼前から何も食っていなかったので、シメサバと穴子の
白焼きを頼む。
うっかりしていたが穴子の旬は初夏だった。
ほかに、おでん、だし巻き玉子、イカの黒造りをたのむ。
イカの黒造りとはイカの塩辛のイカスミ和え柚子風味。
どれも旨かった。

酒は愛知の【醸し人 九平次】などを飲む。これも旨い。
いろいろと飲み食いしたが、酒も肴も旨かったので日本酒
4杯あまりでかなり酔ってしまった。

その後、いつものBARに行ったのだが、当然ながら酒量は
控えめ。
お店のアルバイトの人がメキシコ土産で仕入れたという
芋虫入りテキーラなどを見せてもらったが、残念ながら
飲むことはできなかった。

ところで、その日は珍しく グループ客が多かった。
実はこのBAR、こういう客は嫌うのである。
大手チェーン店の居酒屋などではグループ客はたいてい1次会で
酒も食い物もじゃんじゃん頼んでもらえるが、小さなBARにくる
時には飲み食いはもう充分で、話す場所が欲しいだけだから
ひとり1杯たのんであとは仲間内で大声で盛り上がるだけで
売り上げ的には伸びないし、ほかの客に迷惑になるからである。

kaz777も充分に酔っていたので最初は気にならなかったが、
やっぱりうるさいことはうるさい。
そのうち本格的に酔いが回ってきたので帰ってしまった。


nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

『ひとりガサゴソ飲む夜は』を読みました  ☆☆☆☆4つ [お酒]



ひとりガサゴソ飲む夜は・・・・・・ (角川文庫)

ひとりガサゴソ飲む夜は・・・・・・ (角川文庫)

  • 作者: 椎名 誠
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/01/23
  • メディア: 文庫




椎名誠の『ひとりガサゴソ飲む夜は』を読みました。

椎名誠が世界中をまわって飲んだ酒と肴のお話し。
どこでどんな酒を飲んだという話題もあるのですが、
焚き火を囲んで飲む酒、雪洞の中で飲む酒、
とにかく語り口が面白く、しかも読むだけで旨そうだ。

さてこの本、面白いことは面白いのだけど椎名誠だから、
あやしいと言えばアヤシイ。

アイラ島では生ガキのボウモアをかけて食べるとか。
牡蠣にウイスキー? それはナシだろう?
と思うのですが大福に苺が入ってる時代だし、嘘か
ホントか判断つかない!

この話をいつもの店のマスターに話したら、聞いたこと
あるとか。
ただ、元ネタがはっきりしないので椎名誠のこの本が
元ネタとして話が広まったのかもしれないって。

美味しいお酒を飲みました、とか、どこそこの国には
美味しい肴がありますとか、そういう話ばかりではない
ところが椎名誠。

大酒を飲んで泥酔した話、とんでもなく不味いビールを
飲まされた話、記憶を失った話、などなど、酒呑みなら
一度は心当たりのあるトホホなお話もたくさん。

もちろん飲食関係だけでなく、旅行記としても面白い
話がたっぷり詰め込まれているので、酒飲みでなくても
面白い本となっています。


読めば読むほど飲みたくなる、☆☆☆☆ 星4つ
タグ:椎名誠
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

TALK LIKE SINGING を観にいきました [演劇]

TALK LIKE SINGING を観にいきました。

観客はほとんど女性でした。
スタンディング・オベーション?
この舞台でそれはありえないでしょ?
たぶん、香取慎吾のファンなんでしょうね。

主演は香取慎吾ということになっているけど、舞台で目立っていたのは
川平慈英のほうでした。

お話は三谷幸喜らしいコメディですが、初演がNYオフ・ブロードウェイ
だったというのはどうだったか。
歌も踊りもコメディの味付けと言う感じで、これではNYでは不評だった
んじゃないだろうか?

香取慎吾もヘタではないんだけど、なんだかな~。
堀内敬子も新納慎也も良かったことはよかったけど。

全体としては「まあまあ面白かった」という評で落ち着きましょうか。
新聞の演劇評でも褒めてはいたけど、褒めるところを
一生懸命探しているという印象でした。
タグ:三谷幸喜
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

新宿歌舞伎町 [日記・雑感]

土曜日のこと

ひさしぶりに歌舞伎町で呑むことになりました
新宿に行くことさえ稀なのだが、歌舞伎町など
10年ぶりくらいである。
相変わらず不況など感じさせない人の群れだった。

その人の群れを見ていると、何故kaz777が新宿
歌舞伎町を無意識にも避けていたかわかった気がする。
街を闊歩する人々は圧倒的に若いのである。
かつてはkaz7777もその一人だったはずだが、
いまや完全に浮いている。
会社関係でなければ近寄らなかっただろう。

待ち合わせの時間よりはやく着いてしまったので
立ち飲み屋に入った。
そこには親父がたくさんいて、少しほっとした。

さて1軒目。
鯨料理の店が満席だったのでフグ料理の店に行く。
基本、新宿は若い人が遊ぶ街であり、まともな飲食を
求める街ではない。
それを考えればリーズナブルでまっとうな店だった。

かなり調子よく飲んで2件目、冷凍のカニなどを
食っていると終電がなくなっていたので久しぶりに
マンガ喫茶に泊まってしまう。

臭いし狭いしかなりキツかった。
もう終電で帰れるよう気をつけよう。
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

酔っ払ったバレンタイン [日記・雑感]

バレンタインデーのチョコレート、会社で義理チョコくらいは
もらったんですが、本命チョコは自分で用意しましたよ。
この時期でないとなかなか買えないスイスやベルギーの
チョコレートを6千円くらい買ってしまいました。

ま、それはともかく、

土曜日は散々でした。
休日出勤で会社に10時間いたものの、実働時間は
30分くらい。
あとはほかの人の仕事が終わるのを待っていました。
kaz777資料は火曜日には用意していたのに。
修正するなら金曜まで十分時間があったじゃない。
たった、30分の作業ですよ?

間の悪いことに見たかったTVの予約を忘れて、
すげー悔しい思いをしましたよ。

終電で帰っていつもの店で自棄酒。
午前2時くらいだったか、看板の灯かりを落としてから
マスターが賄いのシチューを食べさせてくれた。
15時間くらい、お握り1個とナッツだけしか食べて
なかったのでありがたかった。
そのあと話しが盛り上がって3時くらいまで飲んでた。

ちょっと二日酔い。
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ひとつ灯せ―大江戸怪奇譚」を読みました ☆☆☆☆4つ [読書]


ひとつ灯せ―大江戸怪奇譚 (文春文庫)

ひとつ灯せ―大江戸怪奇譚 (文春文庫)

  • 作者: 宇江佐 真理
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2010/01/08
  • メディア: 文庫




内容(「BOOK」データベースより)
作り事は一切無用。ほんとうにあった怖い話だけを披露し合うという集まりに顔を出すようになった清兵衛は、いつしかその妖しい魅力に取り憑かれてゆく。やがて各々の身辺に奇妙な出来事が起こりはじめ、ひとり、またひとりと…。老境を迎えた男女の迷いと、人知の及ばぬ事件が絡み合う、哀愁味あふれる怪奇譚。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

宇江佐真理の「ひとつ灯せ―大江戸怪奇譚」を読みました。

宇江佐真理の怪談とはいかなるものかと少々怪しんでみた
のですが、読み終えてみるとやっぱり面白かった。

怪異そのものは怪異としてあり、単に奇妙な話ではなく幽霊とか
そのものずばりが出てくるのですが、この本の面白さというのは
怪異譚の面白さに加え、登場人物たちの人間関係や心の動き
にあると思います。

怪談であり、人情噺でもある。
というと古典落語のようですが、そこまで軽妙でもない。

それにしても宇江佐真理の話の作り方はさすがと言うしかない。
短編連作として書かれた物らしいが、はじめからここまでの
構想はあったのだろうか。
全体の構成もしっかりとしてメリハリがあるが、文章も読者を引き
つけて離さない。

もとから巧い作家でしたが、最近の作品はますます円熟味を
増したように思います。

ところでkaz777は通勤時間が長いので電車の中で本を読んでいて
感想を書きたい本も結構たまっている。
けれど、書く時間がなくて困っていたりもしますよ。
それと、買ったはずなのに行方不明になってしまった本とかも
あって、これも困る。
読みたいのにすぐに見つからないというのはもどかしいです。



タグ:宇江佐真理
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:

「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」を観ました [映画]

「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」を観ました。

mire01.jpg

スウェーデンのサスペンス映画で、原作者急死ということで
話題になり、早くも続編の公開が決まっているようです。

ストーリーは、あるジャーナリストが40年前の少女失踪事件の
調査を依頼されたところから始まります。
そこに敏腕の女調査員(ハッカー)が絡み、次第に事件は連続
レイプ殺人事件の様相をあらわしていきます。

いろいろと問題のあるシーンも多く、必ずしもすっきりした印象
ではないのですが、2時間半の長編にもかかわらず退屈しない
映画でした。

kaz777的にはレイプシーンなど見たくなかったのですが、加害者は
みんな最終的に酷い結末を迎えるので、その点は評価できると
思います。

それにしてもタイトルが意味不明。
「ミレニアム」とは主人公が所属している雑誌社の名前ですが、
物語にはほとんど関係ありません。
女調査員の背中にはドラゴンの刺青がありますが、これも物語には
関係ありません。
スウェーデン語は読めないけど、原題はどういう意味なのか気になります。

ところでkaz777は土曜日の夜に観たのですが、電車の時間を平日ダイヤ
と間違えていたようで、地元まで帰る電車がもうありませんでした。
終電で行けるところまでたどり着いてから、少し歩いてタクシーに乗って
しまいましたよ。
いつもの店に呑みに行くつもりだったのに、もうCLOSEしてて残念でした。

深夜23:50に終わる回と3:30に終わる回の2回しか上映していな
かったので、次回このような上映時間の映画を見るときは3時過ぎまで
映画を観てから映画館周辺で朝まで飲み明かそうと思います。
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。