So-net無料ブログ作成
検索選択

『GOSICKⅡ』を読みました  ☆☆☆ 星3つ [読書]


GOSICK  ―ゴシック― (角川文庫)

GOSICK ―ゴシック― (角川文庫)





内容(「BOOKデータベースより)
前世紀初頭、ヨーロッパの小国ソヴュール。極東の島国から留学した久城一弥は、聖マルグリット学園の図書館塔で奇妙な美少女・ヴィクトリカと出会った。彼女の頭脳は学園の難事件を次々解決してゆくが、ある日ヴィクトリカと一弥は豪華客船に招待され、そこで本物の殺人事件に遭遇してしまう。やがて彼ら自身に危機が迫ったとき、ヴィクトリカは―!?直木賞作家が贈る、キュートでダークなミステリ・シリーズ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2巻ではいきなりヴィクトリカの出生の秘密が明らかになりますよ?

新聞の3行広告を読んで、幽閉されている学園から脱走し、
閉ざされた「名もなき村」へと向かうヴィクトリカ。
と、それに巻き込まれる一弥。


灰色狼の村でヴィクトリカの母が20年前に起こしたという殺人事件。
そして、ヴィクトリカと一弥の目の前で起きる殺人事件。
2件の殺人事件のナゾを解いたヴィクトリカだったが、灰色狼の村
にとってそれは解決したとは言えず・・・。
そして新たなナゾがヴィクトリカの手元に残された。

というような粗筋でしたかねぇ。
まあまあ面白かった。


タグ:桜庭一樹
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。