So-net無料ブログ作成
検索選択

『推定少女』を読みました  ☆☆☆☆ 星4つ [読書]


推定少女 (角川文庫)

推定少女 (角川文庫)




内容(「BOOKデータベースより)
とある事情から逃亡者となった“ぼく”こと巣篭カナは、逃げ込んだダストシュートの中で全裸の美少女・白雪を発見する。黒く大きな銃を持ち、記憶喪失を自称する白雪と、疑いつつも彼女に惹かれるカナ。2人は街を抜け出し、東京・秋葉原を目指すが…直木賞作家のブレイク前夜に書かれた、清冽でファニーな成長小説。幻の未公開エンディング2本を同時収録。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

桜庭 一樹の推定少女を読みました。
もともとファミ通文庫から出ていたということで、ライトノベルに分類される
モノであったらしい。
ラストシーンが3パターンになっていて、当初はその1つで出版されていた
のを初稿や書き直しも合わせてマルチエンディングにしたらしい。
この形式をとったからこそライトノベルというジャンル以上に読ませる作品
になっていると思います。

けっこう面白いです。
先日読んだ誉田哲也の『武士道シックスティーン』が理想的で普通の人が
あまり経験できない明るい青春小説だとしたら、これは誰もが一度は経験
のある想いをテーマとしたウダウダと鬱屈した青春小説です。
宇宙人出てきますけど。
タグ:桜庭一樹
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。