So-net無料ブログ作成

『春が嫌いになった理由』を読みました。 ☆☆☆ 星3つ [読書]

内容(「BOOK」データベースより)
フリーターの瑞希は、テレビ番組「解決!超能力捜査班」のプロデューサーである叔母の織江から、霊能力者・エステラの通訳を任された。収録日、エステラの霊視通りに行動した番組スタッフは、廃墟ビルから白骨死体を発見する。過去のトラウマから霊能力を毛嫌いしている瑞希は「霊視も死体もヤラセなのでは?」と疑いを抱きつつ、生放送本番に臨むが…。第4回ホラーサスペンス大賞特別賞受賞第一作。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『春が嫌いになった理由』を読みました。

これは警察小説ではないですが、殺人事件などがあって
中国からの密入国者の事件とかいろいろあるのですが
メインはスピリチュアルがテーマとなっています。

ただ、kaz777個人的にオカルトがテーマならそれに沿った
世界観を広げていくほうが好きです。
警察小説っぽいリアルな事件を主軸としながら、霊媒師とか
が絡んでいくのはちょっと好みではないです。

主人公の動きは面白かったし、事件やその経緯も面白かっ
たんですけどね。

ストーリー的には2本の柱がなかなか緻密に構成されていた
とは思いますが、感覚的にうまく絡み合っているように感じら
れなかったです。

☆☆☆ 星3つ


春を嫌いになった理由(わけ) (光文社文庫)

春を嫌いになった理由(わけ) (光文社文庫)

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2010/02/09
  • メディア: 文庫



春を嫌いになった理由(わけ)

春を嫌いになった理由(わけ)

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2005/01
  • メディア: 単行本



タグ:誉田哲也
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。