So-net無料ブログ作成

『ストロベリーナイト』を読みました。 ☆☆☆☆ 星4つ [読書]

『ストロベリーナイト』を読みました。

内容(「BOOK」データベースより)
姫川玲子、二十七歳、警部補。警視庁捜査一課殺人犯捜査係所属。彼女の直感は、謎めいた死体が暗示する底知れない悪意に、追ることができるのか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『武士道シックスティーン』『疾風ガール』に続いて
誉田哲也3冊目です。
そもそも誉田哲也を読みたかった動機である警察小説。

冒頭からいきなり汚い!
月曜の朝から通勤電車で読む本じゃなかった。
先に読んだ2冊が青春小説だったから油断した。

当然、殺人事件はあるだろうし、本格派じゃないから
ドロドロした人間同士の相克もあってしかるべきとは
思っていましたが、ここまで汚いとは。

でも警察小説って、ここのこういうところがああで、
ああいうのが面白いのですよ。

主人公は過去のある女刑事。
女刑事といえば乃南アサの「女刑事・音道貴子」
シリーズが思いつきますが、これもそれに匹敵する
面白さでした。

ただ冒頭のシーンからはエフの家族関係がよくわから
なくて、これがけっこう重要なのになぁとあとで思いました。
kaz777が読み取れなかったのか、読み落としたのか?


☆☆☆☆ 星四つ



ストロベリーナイト (文芸)

ストロベリーナイト (文芸)

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2006/02/22
  • メディア: 単行本



ストロベリーナイト (光文社文庫)

ストロベリーナイト (光文社文庫)

  • 作者: 誉田 哲也
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2008/09/09
  • メディア: 文庫



タグ:誉田哲也
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。